« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

MAMMA MIA!

遅ればせながら昨日、行ってきました。

余談になりますが、レディースデーと《おくりびと》のダブルで、チケット売り場は人・人・人でしたcoldsweats02

先週《おくりびと》観ておいて良かった!

正直、劇団四季のミュージカルを観ていたので、興味薄でした。

舞台の構成とさほど相違はないものの、始めからイケイケ状態の進行には、チョッと?でしたが、ABABの曲に素直にのっていけば楽しく入っていけました。

とはいえ、やはり映画は舞台となるエーゲ海の美しさを味方に、ストリーを一層ロマンティックで伸びやかな仕上がり感があります。

それにしても、60歳近いメリル・ストリープの歌い踊り、あそこまでやるかのはしゃぎっぷりは、私もまだまだいけそうhappy01の気持ちにさせてくれました。

おばさん達のパワフルさ・欲望への忠実さが《アッパレscissors

そして、私も泣きましたsweat02

娘の結婚式準備を手伝う母が歌う 《 Slipping Through My Fingers 》 

   ・・・娘と過ごした時間が 私の指をすり抜けていく・・・

   ・・・娘が歩いていく新しい世界を共有することはなく
     何気ない日常がかけがえのない時間だった・・・

あっきぃさんのブログで、ふーんそうなんだ、と思っていたのに私も母でした。

去年、我が娘も結婚しました。

0031

理由あって、《何気ない日常がかけがえのない時間》も過ごしたことがあまりなく、結婚式も招待はしてくれましたが、間に挟まる娘も可愛そうで欠席しました。

私の代理で、母手作りのウエディングベアが出席しましたが・・・

Kuma

Img_2140

結婚式のDVDのエンディングに《SPECIAL GUEST》で名前が出てました。

彼女が着たウエディングドレスは、今、クロゼットの奥で真空パックにされて、次の出番を待っているそうです。

もう一回、ウエディングベアを作らなければならない日が、いずれ来るので・・・(我が家ほ双子)

あっきぃさんのブログ素敵に老い支度の「娘とみた『マンマ・ミーア!』」(アドレスは前述)にTBさせていただきました。
  よろしくお願いしますm(_ _)m

2009年2月23日 (月)

バラの図鑑

FELISSIMOの年間予約《青木和子さんのお庭から 季節のうつろいをつづる刺繍フレーム》の2作目ができました。

《バラの図鑑》というセットです。

我が家は、ベランダの向こうに海が見える所なのですが、住みだしてから、洗濯物を干すだけの殺風景なベランダです。

あまり、土いじりは好まないのですが、何か花が欲しいと思い何回か挑戦するのですが、枯れたり焼けたりしています。

エレベーターでお会いするご主人が、用土や苗を運んでいらっしゃるのを何度かお見かけします。

他の方と話されているのが聞こえたのですが、何度植えてもダメなのだと・・・

私の世話が足りないのかと思って、ホームセンターに行った時に聞いたら、塩害だそうです。

なにか塩害に強い花はないのでしょうか?

Rimg0518

2009年2月20日 (金)

チェンジリング

監督は『硫黄島からの手紙』のクリント・イーストウッド、主役は去年、男女の双子を出産して話題となったアンジェリーナ・ジョリーです。

息子が行方不明になり、5か月後に見知らぬ少年を警察に押し付けられた母親。

彼女が、腐敗しきったロサンゼルス警察による非道な行動に対して戦う姿を描いた作品でした。

驚くことに実話だそうです。

Photo

裁判シーンで、陪審員達に残虐な現場写真をみせるところがありました。

素敵に老い支度 2月19日に伺ってから、日本でも採用される裁判員制度のことが頭の片隅にありました。

私が、この裁判における陪審員であったなら・・・という思いで映像を観ていました。

私には、裁判員、出来ません。

ところで、アンジェリーナ・ジョリーですが、セクシーで素晴らしいアクションをする女優という印象でした。

ある記事で、様々なボランティア活動にも積極的に関わるなど、確固とした信念を持った生き方をしている彼女の一面を知り、今回の芯の強い母親役に相通ずるものを感じました。

2009年2月18日 (水)

おくりびと

いい映画でした。

親しい者の旅立ちの儀式を経験したのは、今までに三人だったと思います。

残念なことですが、息を引き取る時に立ち会うことは一度もありませんでした。

ですから納棺師という職業があることは、この映画で知りました。

不謹慎だと誤解をされることを覚悟で、私は美しい映画だと思いました。

確かに親しい者との永遠の別れは悲しいことです。

でも納棺師が主役の作品ととらえるなら、なんと美しく流れるような所作でしょうか!

まるで日本の伝統である茶道のお手前を重ね見るようでした。

また、庄内地方の季節の移ろい・チェロの響きも美しかったです。

私には、チェロの響きが旅立っていく人々の別れのメッセージに聞こえました。

穏やかで心の奥まで染み込んでいくような・・・

330042view001

2009年2月17日 (火)

神の雫

バレンタインの日、夫は外泊でした。

なんて書くと大事件!

ゴルフに行って、打ち上げパーティーで飲んでしまって孫の家に泊まった、というのが正解。

きょうの夕飯は日延べした《バレンタインディナー》

《サンテロ ピノ シャルドネ スプマンテ》きめ細かな泡立ちのスッキリした味わいの本格的な辛口スパークリングワイン

Rimg0514_3

今、放送されている「神の雫」の原作第15巻に出てきます。

お相手は《鯛のポワレ・バルサミコ風味》を作りました。

飲みやすく、お財布にもやさしいワインでした。

行きはよいよい、帰りは・・・

出かける時には downwardleftbicycle

Rimg0522

我が家へ帰るときには runupwardright

Rimg0521

他人は、「いい運動になるね!」と言います。

私は、「うううん。帰りが大変だから出かけない!」

同じことでも、見方によって違うんですよねcoldsweats01

でも小さなご褒美がありました。

Rimg0519

Rimg0520

2009年2月16日 (月)

晩酌

久しぶりに一人、晩酌をしました。

二年前までの一人暮らしでは日常でした。

              ・

              ・

《もう少しで仕事も終わるかな!》という思いが頭のすみを過ぎるころ、なんとなくイソイソした感じ!

さて今晩はなに食べようかなと考え始める。

平日の夜ごはんは手のこんだものではないけれど、一日の終わりのイベントだから、どうでもいいなんて思えない!

仕事帰りのワサワサしたスーパーでのせわしない感じでの買い物が好き。

ちょっとした緊張感の中で、献立とともに浮かぶのは、今宵のお酒はなに?と思わずニヤリとする。

料理の手順をシュミレーションしながら急いで帰宅、台所に立ちバタバタと作業開始。

湯をわかす・野菜を切る・クルクルと頭の中が回転し、仕事とは違う回転をしている心地よさ。

他には誰もいないけれど、見えない何かに会釈をしてチビリと始める。

一人暮らしを始めたころは、こんなふうにはいかなかった。

ときにはさみしいと感じた晩もあるけれど、それはそれでしみじみとしていいものだと切り抜けいた。

そんな日は、ちょっとていねいに肴をつくり日本酒を味わう。

いいことがあった日は、いつもより少しいいお酒。

つまらないよりはおいしいほうがいいでしょう・・・と思うから。

               ・

               ・

以上、一人暮らしを懐かしく想いながら乾杯bottle

Rimg0516

Rimg0520

加賀百万石展:かぶら寿し&昆布巻きかまぼこ

まーあだだよ

また寒くなりました。

まだ2月ですから・・・

先週はポカポカ陽気と黄砂で、ピンボケだった《桜ちゃん》でしたが、

今日はくっきり・はっきりです。

Rimg0509_3

こんな気の早い方々も・・・

Rimg0510_2

そして私も春の製作第二弾開始です!

Rimg0512

2009年2月15日 (日)

春一番

ここ数日、春の到来を告げる風が各地で吹いたそうです。

定義としては、立春から春分の日の間に吹く、暖かい南よりの強風のことなのだそうです。

もとは猟師の間で使っていた言葉だそうで、今では正式な気象用語だそうです。

相対するのが《木枯らし》ですが、同じ季節の到来を知らせる強風でも、春の使者のほうは嬉しい便りを運んでくれそうな気がします。

Rimg0536

Rimg0531

2009年2月14日 (土)

恋衣

恋をしている人を「恋衣をまとっている・・・」という優雅な表現があるそうです。

もう何十年も前を思い返せば、ふわふわとした身も心も舞い上がってしまうような衣なんでしょうねheart04

古くは、人に限定されることではなく、様々なものに対して遠く離れているものに想い慕う気持ちだったようです。

「そばに来てほしい。こっちへ来い。」・・・という気持ちが「恋heart02」なのでしょう。

昨日、今年から義理チョコとの縁もなくなった《サンデー毎日の夫》に出かけたついでに、かわいそうなのでチョコレートを買ってきました。

Rimg0544

ところが、お付き合いゴルフに行き、飲んでしまったので泊まって来る、と!

《恋衣》はもうとっくに脱ぎ捨てたけど「早く帰って来い」でした。

だから、身近な存在になった時、恋が冷めてしまうのもことといえるかもしれません。

イライラ解消セット(薔薇の香り)

Rimg0547

2009年2月13日 (金)

007/慰めの報酬

今週の水曜日、行ってきました。

Qoswallpaper6sm

最近は集客目的に色々なサービスディーが設けられています。

《夫婦50》は相棒が腰をあげないのでNG、そこで《レディ-スデー》の毎週水曜日が映画鑑賞日になります。

1人で行くことが多いのですが、今回はお友達と行きました。

このシリーズも、もう22弾になるそうです。

私的感想ではありますが、ミルクも砂糖も入っていない、そんなブラックコーヒーのようなイメージが残りました。

色気がない、というのが友人の感想です。

6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグは確かに素晴らしい肉体美を持ち、切れのいいアクッションも披露しています。

でも《スピードがあるタイトな労働者》ではなく《ユーモアがあるプレーボーイのスパイ》であって欲しい。

とはいえ、《寅さんシリーズ》や《釣りばかシリーズ》と同じように新作が出ると観たい気持ちになるのですが・・・

  

2009年2月12日 (木)

ドーナツ

小学生の頃のおやつのようなドーナツ。

2時間も並んで買う150円ドーナツクリスピー・クリーム・ドーナツや、あちらこちらで見かけるミスタードーナツと違って、おかあさんが作る固めの生地で白いお砂糖を無造作にかけたドーナツ!

Rimg0507
先週、地元テレビで取り上げられたら、午後には店頭の商品がい一つもありませんでした。
マスコミの力は凄いですねcoldsweats01
Rimg0493
踏み切りの傍のこのお店でおじいちゃんとおばあちゃんで作ってます。
ちなみに5個で250円ですnote

2009年2月10日 (火)

ヨガ?ピラテス?

基本的に毎週金曜日の午後3時から1時間。

Rimg0491

《県民交流センター》とても立派な建物です。

この中の5階にある、こんなに広い部屋を・・・

Rimg0498

生先と生徒3人で占拠してます。

Rimg0497

Rimg0494_3

建物の周りに沢山植えられているローズマリー

                       

加賀のゆびぬき

やっと初めての作品が出来ました!

作品といえる出来映えではありません。

Rimg0506

Rimg0502_2

まるで《蜘蛛の糸》状態で、終わりに近づくにつれ、どちらの方向へ進んで行けばよいのか、わからなくなってしまいました(進行方向に→を書いてあるのですが、だんだん隠れてしまうので)。

時々お邪魔をしているzuccaさんに、ますます憧れますheart04

欲しかった本を買ったので自主トレします。

Rimg0494

2009年2月 9日 (月)

春バージョン

美容院に行って来ました。

引っ越して3軒めに行った美容室の担当の美容師さん、気に入ってます。

洋服やお化粧などは自分が似合うと思っていても、周囲から見たら、???ということが多いと思います。

若い頃は似合っていても、加齢とともに似合うものが変化していくように感じています。

この美容師さんと決めたら、オーダーは「あなたがいいと思うスタイルにして」とお願いします。

彼女も初めは戸惑い気味でしたが、今では楽しんでくれているようです。

ショートボブだったのにもかかわらず、5cmちょっと切りました。

髪の毛は伸びてくるので・・・

Rimg0492

ついでに《新しいヘアスタイルに合うお化粧》をコスメコーナーでお願いしてみました。

若いプロ達の力で、春バージョン完成happy01

2009年2月 8日 (日)

新しいお友達

近所に古い石橋をいくつか移設した公園があります。

先日、買い物に行く途中に初めて小鳥を撮ることが出来たので早速アップしようと思ったら、一緒に撮った写真がピンボケでした。

Rimg0508

Rimg0463_2

Rimg0523

きょう、映画に行く途中、リベンジしていると釣り帰りのおじさん二人がやってきて一緒に撮影し始めました。

そのうち方言で話しかけてくれたのですが、よく聞き取れません。

ここの方言は難解で有名です。

話しているうちに気がついてくれて・・・

「ねえさんは、NHKのニュースの話し方だ」

「?」

「記念に写真撮ろう」

「?」

映画の時間も迫っているので、ハイ、ピース!

「出来た写真は、そこの釣具屋さんに預けておくからね。」

「じゃ、またpaper

Rimg0513
記念写真現場

癖になりそう

先週に引き続いて、UKオペラ(映画)に行ってきました。

きょうはグリム童話に基づいた作品《ヘンゼルとグレーテル》

お菓子の家はスーパーマーケット・ヘンゼル達の家はダンボール・間奏曲の最中には魔女が飛び回る影絵などユニークな演出で大人も十分に楽しめました。

指揮者は日本人の大野和士さんという方だそうです。

難しいことはわかりませんが、テレビがいくら大画面になっても、これは映画館でないと駄目です!

開演が2時なので終わる時間が、先週は5時過ぎ、今週は4時過ぎなので急いで帰らなければなりません。

映画を観た後、お食事をして帰宅、なんて何時のことだったか?

帰りのスパーで急いでいると思いつつ・・・

Rimg0510_2
桜島大根

2009年2月 5日 (木)

ウルウルなブログ

ブログを始める前から、あちらこちらへお邪魔をしてブログのお勉強をしています。

まだ1ヵ月もたっていないので、何か新しいことをする度にマゴマゴしています。

今日、とても感動するブログ記事に出会いました。

感動悲話♪「心に残るとっておきの話」@同心居 http://blogs.yahoo.co.jp/mikikonatuwanwan/9814879.html

Rimg0468

どうしても、この本が読みたくて近くの県立図書館のサイトを見たけれど蔵書にはなく、やむなく、1月28日のブログに書いたチャリで30分ほどの市立図書館まで行きました。

さあ、早く家事を終わらせて・・・

でも心配なことがあるんです。

Booska Mamoruさん、初めてトラックバックなるものをしたのですが

手違いはなかったかと、もし何か起こしてましたらお許し下さい。

うちの池で何してるの?

我が家には箱庭があります。

そこには、池があり、池には島があり、様々な船も浮かんでいます。

Rimg0448

今朝もリビングに座ってコーヒーを飲みながら眺めてます。

Rimg0449

ちなみに夫は山に芝刈りに行きました。

これって・・・

ネット注文の品を朝一番で受け取りました。

Rimg0454

中身が《綿》だから、こんなに大きいの?と思いました。

メール便にはならないのでしょうか?

本体   525円

送料   600円

地方での暮らしはお金と労力がかかります。

2009年2月 4日 (水)

ハムレットではないけれど・・・

年末の福引で当たった買物券の期限が迫ってきたので、忘れないうちに使おうとチャリで出かけました。

最近は忘れっぽくなっているので思ったら即、行動です!

Rimg0444

《加賀のゆびぬき》用に絹糸を数色購入。

キットには2個分の材料しか入っていないので、あとは自分で揃えなければなりません。

土台になる厚紙・絹糸は揃うのですが、真綿を置いてある所が見つけられなくネットでオーダーしました。

ところが、あったんです。

今日、行ったお店に・・・

大きい方の手芸屋さんにはなっかたのに・・・

送料プラスで、お相撲さんのコマーシャルの○○真綿ではないけれど2倍2倍で明日届きます。

気を取り直して前進!

若者が多い通り沿いのお店です。

Rimg0445

そうだ!今年からサンデー毎日になった夫にチョコレートを買わなければ・・・

義理チョコ専門店で買おうか?デパ地下で買おうか?それが問題だ!

「to be or not to be ...that is the question.」

2009年2月 2日 (月)

みんな、怒っている?

朝、パソコンを開いたら、ヤフーニュースに浅間山の2日未明噴火の記事が出ていました。

風の向きが南東方向に吹いたため、降灰が東京都心・横浜市・川崎市・埼玉県熊谷市・千葉県君津市など、関東南部を含む幅広い地域であったそうです。

一方、鹿児島・桜島の噴火警戒レベルを5段階で2の火口周辺規制から3の入山規制に引き上げられたそうです。

Rimg0450

桜島の昭和火口では1日から2日午前8時までに爆発的噴火が8回発生し、大きな噴石が5合目まで飛んだとのこと。

Rimg0453

昨晩、《ガラスが微かにビビビッとしたんじゃない?》と言ったら《そんなことない》と答えたのはソファーに座っていた夫でした。

そう言えば、聞こえないのか、返事するのが億劫なのか判断に難しい今日この頃ですcoldsweats02

2009年2月 1日 (日)

UKオペラ@シネマ

”Livespire(ライブスパイア)”という、デジタルライブコンテンツの製作配給をソニーがやっています。

早い話が、オペラやミュージカルなどの舞台芸術・スポーツ・ライブなど国内外を問わず、良質なライブエンタテイメントをデジタルシネマ作品として配給する、ということらしいです。

全国の9ケ所の映画館でUKオペラを毎週土日、一日一回上映しています。

今日は《フィガロの結婚》でした。

上映時間は本編185分+休憩1回15分

以前からオペラには興味があったものの、敷居・料金共に高く、なかなかチャンスがありませんでしたので、いい機会でした。

長時間ではありますが、飽きずに観る事ができ、意外にも笑える箇所もありました。

また私の得意?とする人間ウォチングもして参りました。

お付き合いを始めたばかりの様子のお隣のカップルの男性、上映前「自宅でも数本オペラのDVDがあるけれど一人だと途中で飽きてしまって居眠りを・・・」、映画が始まって30分で寝息が聞こえてきました。

上映後、彼女は、さっさと席を立って行きましたcoldsweats02

ちなみに笑える箇所はお隣のカップルのことではありませんので、くれぐれも誤解のないようお願いします。

Rimg0447

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »